教員の皆さまへのアンケート結果

群馬県作業療法士会では平成28年度日本作業療法協会作業療法推進活動パイロット事業「群馬県教育委員会との連携による作業療法士派遣と支援モデル作成への取り組み」に関するアンケート調査を実施させていただきました。

アンケート調査にご協力頂いた小中学校、特別支援学校の教職員の皆様、貴重なご意見をありがとうございました。

 

 

教員の皆さまへのアンケート

みんなの困った…

 

寄せられたご回答は2558件でした。

調査の結果、先生方がとても困っている次の項目について、作業療法士が専門的に対応できるということをほとんどの先生が「知らなかった」と回答していました。

 

1.整理整頓がうまくできない

2.授業に集中できない

3.文房具がうまく使えない

4.文字がうまく書けない

5.体の動きがぎこちない

6.集団行動が苦手

7.状況にあったやり取りができない

 

整理整頓や集中力の持続、手先の操作などには認知機能の発達が大きく関わります。作業療法士(OT)は認知機能の評価と治療あるいは対処方法の提案を専門としています。

 

アンケート調査の報告書をPDFでご覧いただけます

 

PDFファイルは、Adobe社から無償配布されている Adobe Reader などのソフトウェアを使って見ることができます。PDFファイルのリンクをクリックすると、お使いのパソコンの設定によって、ブラウザウィンドウ内に直接 展開されたり、ダウンロードダイアログが表示されたりします。右クリックで、ファイルに保存を選択する必要がある場合もあります。

PDF (Portable Document Format) ファイルの詳細については、各種インターネット情報などをご覧ください。
なお、Adobe Reader は Adobe社のサイトからダウンロードすることができます。